ケムリクサ小説

ワカバさんは音声コミュニケーションタイプの宇宙人で無かったかもしれないという妄想でりりとワカバさんのコミュニケーションのお話。
本編時空

音の生まれた日

ケムリクサ小説

珍しく本編準拠。
12.1話の後、エンドカードのように全員表側に集合後という前提。
エンドカードに至るまでの色々はすでにたくさん良い話があるのであえて「裏姉妹もワカバもりりも全部普通に復活して普通にみんなと合流」した後 ...