躑躅屋敷の女達 第二集

白露の折 本邸

夏の暑さも落ち着いて、日の光が夏の勢いある色から、徐々におとなしい秋の色が映えるようになってきた頃だった。
よく晴れた日で、窓を開け放って秋のからりとした丁度良い心地の風を入れながら、姉妹達は居間で寛いでいた。
「ねえ、りん。いつになったらそれ止める?」
「それって?」
はっとりんの動きが止まってりょくを振り返った。
「あきれた。気付いてなかったの」
りょくははあっと息を吐いてりんを指さした。
「さっきからカレンダーの前うろついてて鬱陶しいじゃん! なんなの一体?」
「ご、ごめん」
ソファに座ってみたものの、やはり落ち着かないのか手近にあるクッションを手に取ってぼんやりと触るりんに、りつはお茶を入れて苦笑した。
「にゃー……、りんったらいい加減覚悟決めたら?」
「な、何のこと?」
「わかば君と会うんでしょ? 行きたいと思ったときが吉日にゃ」
りつの言葉にりょくが思わず納得したように頷いた。
「ああ、なーるほど。また考え込んでたんだ……。もう、悩む暇があったらさっさと行けば良いじゃん」
「そ、そうは言うが……邪魔をしてしまうかもしれないし……それにあっちは忘れてるかもしれないし」
丸いクッションが円筒形になるほど潰しながらりんはブツブツ呟いた。
「忘れてたら頭叩いてでも思い出させれば良いでしょ」
過激な妹の発言にりんは少し咎めるような表情になり、りょくはふんと向こうへ顔を逸らした。
「幸いここのところ天気も良いみたいだし、明日辺り試しに行ってみたら?」
何事も、動かなければ何の意味も無いでしょ? と指摘され、りんは思わず俯いた。そしてカレンダーを見つめ、やがて頷いた。
「そうする」
りんはりょくとりつに礼を言って部屋に戻っていった。
「……全く……考えすぎなんだよりんは」
「まあ、昔からあの子はそんな感じだったから……」
ティーカップを傾けて考え込みながらりつは呟く。りょくはそうやって甘いから、とりつを睨む。
「そうは言うけど、りょくちゃん本当にりんの事心配なんだにゃー。しょっちゅうたきつけてるし」
「そんなんじゃないってば」
りょくは顔を赤くして幾分乱暴に足音を立てて広間から出て行った。入れ替わりで部屋に入ってきたりなは首をかしげながらりつへ目を向け
「どうかしたのな?」
「んー、りんちゃんの事でねー」
「なー……りんちゃんまだもじもじしてたのな?」
「本当にみんなよく見てるのにゃ」
りつはりなの分のカップを棚から出しながら思わず呟いた。

翌日りんはわかばが働いているという大学へ来ていた。車を用意するとりょうから言われたがりんは断り、電車とバスをどうにか使って学校の前まで来た。慣れない物を使ったためか道を間違えたり切符をなくしたと思って探したりと冷や汗をかいたが、ようやっとたどり着いたと息を吐いた。
辺りは森が広がり、時折鳥の声がする程度で静かな物だった。りんは出入り口はどこだろうと赤煉瓦の門の橫を歩き、下り坂の途中に見かけた守衛の立っている門の前に立つと、守衛が珍しげにりんを見つめてから頭を下げた。
「こちらはこの研究室があるところで間違いないだろうか」
問いかけてわかばが渡した名刺を守衛に見せると、彼は訝しげに名刺を手に取って裏返し、はい、と頷いた。
「ああ、そうです。丁度……」
守衛は手を伸ばして門の向こうにある建物のに一つの窓を漠然と手で指した。
「あの辺りがそうです」
「あの……」
りんは言われた場所に目を向けて、窓に寄りかかっている人物に気付いた。確か軽井沢でわかばと一緒に居た先輩のように見える。りんは守衛に礼を言って中に入ろうとすると、偶々外に目を向けた彼と目が合った。わかばの先輩はにこやかに手を振り、部屋の中に顔を向けた。どうやら中の誰かに声をかけているらしい。
「りんさん?」
ガタンとかなり大きな音と声が構内に響いてりんは思わず周りを見渡した。窓から身を乗り出したわかばは、相当に驚いた様子で、りんの姿を見つめすぐに奥に引っ込んだ。
「ああ、ここで待っていた方が良さそうですよ」
のんびりと守衛が椅子を出しながらりんに言った。しかし、同じ研究室か違う所かは不明だがわかばの声と様子に物見高い見物人が部屋の奥からわらわらと顔を出してきていた。
一度外に出た方が良いだろうか……
恥ずかしいという事もあり、りんは少し考えたが、転がるようにわかばが外に飛び出してきたので踏みとどまった。
「り、りんさん、あの……す、すみませんちょっと」
肩で息をするわかばに、りんは思わず
「いや、すまない……いきなり迷惑だったみたいで」
りんはわかばの様子を見つめて呟いた。以前会ったときと同じようにくしゃくしゃの髪に、軽井沢ではきっちりとしたシャツとベストを着ていたが、今は草臥れたようなシャツに、とりあえずその辺にかけていた羽織るものを引っかけてきたような状態だった。気のせいか若干やつれているように見える。
「あ、全然迷惑じゃないです!丁度一段落してたんで……ただちょっとびっくりして研究室の中の物ひっくり返しただけです」
「それは……」
大丈夫なのか? と思わず言いかけたが、わかばは気にする様子もなく
「それで、今日は見学ですか?」
「あ、いや、その……」
りんは言葉に困り、どうしたものかと視線を彷徨わせた。
「その……少し、会えないだろうかと……思って」
言葉通りの意味で言ったのだろうりんの発言に、わかばは、思わずはっと気の抜けたような声を上げてあたふたと周りに目を向けた。
「あ、えっと……そ、そうなんですか……。あー……」
わかばはとりあえず、と門の外を指差して
「それでしたら、ちょっと外出ましょうか。ここ、あの……色々面倒なんで」
「? そうか」
足早に外に出ようとするわかばに促されて、りんは赤煉瓦の校門を出た。わかばは後ろにチラリと目をやり、窓から一人楽しそうに眺めている先輩と、他の研究室の窓から落ちそうな勢いで身を乗り出して様子をうかがっている野次馬から逃げるように坂を下る道を先導した。
――今日はもう研究室戻れないな
わかばはふっと少しため息をついた。

わかばにつれられてりんが来たのは最近流行っているという珈琲店だった。
「こういう所、大丈夫ですか?」
「別に平気だが……」
入ったことはないと、少しばかり興味深げに店構えを見つめているりんに、わかばは意外そうな表情を浮かべた。
「銀座よく行かれるのでは? あそこらへんは多いですよね」
「一応りょうの買い物の付き合いで偶に行くが……こういう所は行かないし、りょうも忙しいからあまりゆっくりしないな」
「ああ、まあ。お忙しそうですよね」
ドアを開けるとチャイムが鳴り、給仕の若い女の高い声が「いらっしゃいませ」と応答した。
「あら、わかば君。今日はどうしたの」
どうやら見知った顔らしく、わかばの顔を見て給仕の一人が声をかけた。その視線が値踏みするようにりんの方に向き、りんはわずかに表情を固くした。わかばはそのような視線のやりとりには気付いていないのか、にこやかな表情で
「ちょっと色々。珈琲二つで」
「ふーん……、ゆっくりしてってね」
にこりと営業用の笑顔を浮かべて給仕はりんに答え、わかばの肩に軽く触れて去って行った。わかばは奥にある二人席にりんを促して向かい合うようにして席に着いた。
「よく来るのか?」
「ええ、まあ。先輩や研究室の人と。僕あんまりこういう、食べ物のお店とか詳しくないので」
わかばはあちこちのポケットを探ってタバコを出して口にくわえようとして、ふと気付いてそのまま元に戻した。
「失礼、タバコとか駄目ですよね」
「いや、別に気にしない。りょうも時々吸うことがあるし」
「そうですか、それじゃ失礼して」
わかばはタバコをくわえて慣れたように紙マッチを擦ってタバコに火をつけ、ふうっと息を吐いた。ふわりと紫煙と、独特の匂いが漂い、店の中の珈琲の匂いと混ざり合った。
りんはタバコを吸うわかばを思わず見つめた。正直な所どこか少年のような雰囲気を持ったこの青年がタバコを吸う様はどこかちぐはぐなようで、しかし、どこか惹かれる物があった。
「どうかしました?」
首をかしげて問いかけるわかばに、りんは思わずいや、と首を振って咳払いをして誤魔化した。
「……軽井沢の時もそうだが、よく、その、あちこち行ったりするのか?」
「ええ、あちこちの植物の標本を採ったりとか……山登りは正直苦手なんですけどねー」
わかばは軽い調子で笑って答えた。
「珈琲二つ、お待たせしました。ごゆっくりどうぞ」
給仕が珈琲を二つ運んできて二人の前にそれぞれ置いて、礼をした。ふと、彼女はりんに目をやって
「あのー……もしかして、雑誌に出ていたお嬢さんじゃないですか?」
「雑誌?」
わかばはきょとんと給仕の方に目を向け、りんは一瞬目を瞬かせてからううっと呻いた。
「やっぱり、ほらこれ」
出された雑誌は店に置いてある物で「主婦の華」というタイトルで女の一枚絵が描かれた表紙の物だった。パラパラとページをめくった先には、朗らかな表情で椅子に足を組んで座るりょうと、その横に立つりんの姿の写真が写っていた。
「わー、本当だ。凄いですね」
「いや、それは……あの……」
困惑と恥ずかしさからか狼狽えるりんに、わかばは立ち上がって給仕を向こうに下がらせた。
「有名人なんだから、折角なら何か記念になる物貰えないかしら、わかば君何とかならない?」
給仕の女はわかばの腕に手をやり問いかけるが、わかばは首を振り
「なりませんよ。あまり困らせないでください」
「あら、冷たい。まあお金持ちのお嬢さんと仲良くなる機会だものねぇ」
「はい?」
わかばの表情に給仕はあら、と首をかしげて
「あきれた。本当に朴念仁なのねえ」
幾分荒い足取りで奥に引っ込んだ給仕の背中を見やって、わかばは肩をすくめて席に戻った。
「大丈夫ですか」
「あ、ああ」
りんは持っていたバッグからハンカチを出して軽く汗を拭い、
「だから嫌だったんだ……あんなものは」
「……まあ、でも、人によっては羨ましいでしょうけど」
「元々は姉の……りょうの取材に来ていたんだ。私はあくまでも……添え物というか、ついでだ」
珈琲を口に含んで、りんはうっと顔をしかめた。
「砂糖、入れた方が良いですよ。ここの結構苦いので」
わかばは自分のカップに一つ角砂糖を入れてかき回しながら、りんの方に砂糖の壺を渡した。
「ついでというのは?」
「……そのままだ。りょうは何しろ会社経営者だからな。あんな風な取材とかの依頼が結構来るんだ。実際身内の私から見ても凄いと思うのだから、興味を持つ者が居るのは分かる」
砂糖を入れて少しずつ味を見ながら、りんは言葉を続けた。
「私には、特に何も無いからな。他の姉妹達は、父がいつもしたい事をさせてやろうと、興味のある事に色々やらせていた。りょうは武道や、それこそ経営について面白がっていたから少し教えていたようだし、りくは刺繍の職人への弟子入り、庭木や植物に一番関心があった姉さんや、妹たちにもそれぞれやりたい事がある」
りんは、スプーンで珈琲をかき混ぜながらぼんやりとカップを見つめた。
――本当に、自分は何も無い。
取材に来ていた雑誌の担当者達から浴びせられた質問にも満足に答えられなかった。今の趣味は何か、何をして時間を使っているか、姉のように何かなす予定はあるのか……。
わかばはすうっとタバコを吸いながら天井に向けてふっと息を吐いた。
「なるほど……。でも……ここの店に入るときとかちょっと楽しそうでしたよね。りんさん。軽井沢の時も」
「あれは……ちょっといつもと違う事をしていたから……」
「今日の、ご自分で研究室まで来た事も?」
「まあ」
わかばはなるほどと少し考え込んでから
「そうですね……、思いつかないのであれば、これから新しい物を見たり、行ってみたりしてみるのはどうでしょう? いずれそこから何か気づける事もあるんじゃないでしょうか」
わかばは言いながら、珈琲のおかわりを通りかかった給仕に注文した。
「遅すぎないか、今からなんて」
「そんな事無いですよ。いつでも思い立ったときが始め時ですよ。僕の研究室の教授なんかはそれで色々あちこちの人と会ったりしてますし」
二杯目の珈琲がわかばの前に置かれ、わかばはそれをそのまま飲み、息をついた。
「しかし、急に言われても思いつかないな」
りんは首をひねりながら呟き
「うーん……僕も結構偏ってるので……ああ、そういえば」
わかばはポケットから手帳を取り出して、
「今度、世界的に有名な学者さんの講演があるんですよ。僕も専門外で全く分からない分野で……言ってしまうとりんさんと同じ新しい世界ですね。あ、でもその……苦手と言う事でしたら無理にとは……」
わかばは小さく折りたたんだチラシのような物をりんに恐る恐る差し出した。チラシには聞いた事の無い外国の博士の名前とぼけた白黒写真が写っている。
「なぜ、この写真はこんな表情なんだ?」
「さあ、ちょっと変わった先生だそうで……この相対性理論というのが凄い発見なんですよ。僕も今講演に向けて本とか読んでいるんですけど、これが難しくてさっぱりで」
ニコニコと嬉しそうに語るわかばに、りんは幾分気が軽くなってきて表情を緩めた。
「難しいのに嬉しいのか」
「ええ、知らない物というのがまだ一杯で。楽しいです」
「そう……」
りんはチラシを見て考え込みながら
「いつ、やるんだ?」
「十月です。場所はあの帝大の大講堂でやるんです」
「そうか、その頃は多分落ち着いている頃だから大丈夫だと思う」
「本当ですか?」
わかばは少しはしゃいだような表情で手帳にメモして
「それじゃ、迎えに行きますよ。おうちはどこでしたっけ」
りんは自宅の住所を伝えて
「躑躅の木がたくさんある家だから多分見ればすぐ分かると思う」
「躑躅……」
わかばは少し考え込んで、何かに気付いたような表情を一瞬浮かべたが、すぐに元に戻し
「分かりました。多分大丈夫です。もし聞きたい事があればこの電話番号に電話してください。先輩か僕か……誰かしら研究室で寝泊まりしてるんで」
りんは手帳の切れ端を受け取って、バッグの中にしまった。
「仕事は忙しいのか……?」
「ええ、まあ……楽しいんですけど、つい熱が入るみたいで気がつくと床で寝てたりとかしちゃうんですよねー」
あははと軽く言うわかばにりんはあきれたような顔で見つめた。

「へえ、なるほどねえ」
晩酌をしながらりょうはりんの話に耳を傾け、話し終わったりんを見つめた。相変わらず表情の読めない、飄々とした顔である。その実、声にわずかに面白がっているような雰囲気を感じて、りんは少し待った。
部屋は大分肌寒くなってきており、りんは部屋着用にした縮緬の黒地に絞り染めの花が描かれた羽織に、セーターとチェックのスカート、少し寒いので厚手の靴下に、父が外国で買ってきたモカシンを履いていた。
それでも少し寒く、温かいお茶の器で手を温めながら、りょうを見やった。
父が気に入っていた濃い色の結城を男のように着付けて楽にしているりょうは、吸わないシガーホルダーを回しながら
「私もその……何とかって有名な人が来ているってのは会社でも聞いたけど。面白そうだし、楽しんで来なよ」
「……りょうは、その、調べたりしたんだよね。わかば、の事」
わかばの名前を言い慣れないのか不明瞭なりんの言葉にも、りょうは頷いて
「ん? まあそこそこね。聞きたい?」
「いや……いい」
「そっか、うん。その方が良いと思うよ」
りょうは笑みを浮かべてグラスの酒を飲んだ。
「それにしてもりょくが聞いたらまた煩そうだねぇ」
りんはため息をついて
「まあ、そういうの好きだからな。ただどちらにしろ平日だからあの子は学校だ」
「そういやそうか。勝手についてく! って言いそうだけどね」
「ありえそうだから止めてくれ……」
りんはうめき声を上げて頭に手を当てた。りょうはにこにこ笑顔のまま
「あはは、ごめんごめん。さてと、じゃあ私また早いから先に寝るわ」
「ああ、その……無理はしないで」
「してないよ。まあ、元々ちょっと興味あったからさ、ついね。色々やっちゃうんだわ」
「ああ、彼も似たような事を言っていた。楽しいから……倒れるまで作業をしてしまうと」
りょうはなるほどねえと頷いて
「好きな事しているとつい時間忘れるわなぁ。……ああ、最近体動かしてないからそっちもちょっとやりたいし……やりたい事一杯で困るわ」
「まったく……無理はしないでよ」
りんはしようのないという顔でりょうに言った。

霜降の頃 本邸

「困ったな」
バタバタと日常を過ごしているうち、気付けば予定まで数日という段階になって、りんはクローゼットの中やタンスの中を開けて引っ張り出して何を着ていくか、頭を悩ましていた。
まず、派手な物は駄目だろう。そもそも講演というのがどういう物なのかよく分からない。
洋服や着物を広げて考え込んでいると、りょくが部屋に入ってきた。
「うわ、何これ……どうしたの」
「ああ、いや」
りんはどう言えば良いのか悩み、少し言い淀んだ。
「あの学者と一緒に出かけるのは知ってるから」
「いや、あの……りょく」
「別にいいんだから。大人になって自分で行けば良いし……別に気にしてないし……」
恨みがましい目で言われてもあまり説得力は無い。
「りょく、その、一緒に」
「行・か・な・い! 駄目じゃんそこは二人で行かないと」
「……え、あ、うん」
りょくはりんが引っ張り出してきていた服を眺めてむっと眉間に皺を寄せた。
「これじゃ地味じゃん」
「いや、でも派手なのは……あ、ああ……」
りんはバタバタと歩く音に気付いて頭を抱えた。程なくしてりなとりくが何を聞きつけたのか、りんの部屋を覗き込んできた。
「お、やってるやってる!」
「りんねぇね、ほら、りなの帯揚げとか、持ってきたよ!」
「あ、ありがとう……」
「ほら、さっき仕上げた半襟もあるぜ。どうよこの柄! 可愛いだろ?」
「り、りく……あの、他の人の依頼分は?」
「ちょっと休憩しただけだからいいのいいの、まだ時間あるし」
「りん、ちょっと下の衣装部屋から色々持ってきたにゃ!」
恐らくりつがバタバタと衣装部屋を漁っていたから気付いたのだろう。りんはわいわいと自分の部屋でああでもないこうでもないと服を並べて議論する姉妹達を少し遠くから眺めて立っていた。収拾がつく気がしない。
「やっぱり、秋だしこういう柄とか……」
「うーんでもそれとこれだとちょっと合わないんじゃ無いかナ」
「ちょっと地味すぎじゃね?」
「そうは言うけど講演会だからあまり派手なのも浮きそうだし……色を抑えてみるのは?」
「うーん……それだったら時期的に羽織とかで……」
「あの……みんな」
りんが収拾させるために声を上げると、四人が顔を上げた。
「あ、りんちゃん。どっちが良いと思う?」
りつが出してきたのはこっくりとした紫地に似た系統の赤や灰色が使われた縞柄で、所々蔦模様が描かれていた変わった物だった。母がりんのためにと取っておいた反物からつい最近仕立てた物だった。もう一つは青地に花が散った豪華な物だった。
「……えっと、紫」
「やっぱりそういうと思ったにゃ」
「そしたら、この襟と……あと帯はどれが良い? うちら的にはこの辺が良いと思う。羽織り着たら見えないだろ」
りくが出してきたのは当世風の洋花の太鼓柄の黒繻子の帯で、他に白繻子地に楓が刺繍された帯と臙脂色に手書き友禅の芒が描かれた帯が並べられていた。
「色的には黒いやつの方がりん的には落ち着くかなとは思う。太鼓の部分見えないなら少しここら辺派手でも良いんじゃ無い?」
りょくの言葉にりんは確かにそうだなと頷いた。
「羽織はよく着ているこれなら、地味すぎないし丁度良いんじゃ無い?」
りつは薄紅色に蛍ぼかしの入ったこの頃だと地味な羽織を出してきた。
「ああ、これなら良い感じだな」
りくは言いながら頷いてから、少し考え込み
「……でもなあ、袖とかなんか寂しくね? ここら辺にちょっとこう……模様とか刺繍したらよくね?」
「自分で仕事増やすなアホ姉」
りょくに一喝されてりくはちぇっと口をとがらせた。
「りくちゃん、また作品展に応募するんでしょ? 結構依頼も入って居るみたいだし……」
「まあそうだけど……。じゃ、そのうちやってからよ、りん」
「無理しちゃ駄目だよ。また指痛くなったら元も子もなくなるよ」
りんはため息をつき、姉妹達は肩をすくめた。
「そうそう、りょうちゃんがあまり羽目は外さないようにね、だってにゃ」
りんははあ、と曖昧に頷き、りくは可笑しそうにニヤニヤ笑っていた。

家の前に止まった車にりんは首をかしげた。そして、中から出てきた人物を見て一瞬固まり、慌てて玄関に向かった。
チャイムの音が鳴り、りんがドアを開けるとわかばがおはようございますと頭を下げた。
パタパタと音に気付いてりつが奥から出てきて、わかばを見て声を上げた。
「わかば君、珍しい恰好にゃね」
「あはは、そう見えますか」
少し照れたように頬を掻いたわかばは、袖を指先ですっと押さえて後ろに振りを払った。ひわ色――少し暗めの緑色に網代模様が織りで描かれたかなり値の張りそうな艶のあるお召しに、紬地に縞柄の袴を履いたわかばに、洋服姿を見慣れていたりんは思わず三度上から下まで見つめた。
「あの……りんさん。そんなに変ですか」
「ぅえっ……いや。ちょっとビックリしたというか」
わかばはまた軽く笑って
「ああ、何しろ外国からのお客様なので、こっちの方が喜ぶということらしくて……。父の物だから似合わないだろうとは思っていたんですけど」
「いや、あの……変じゃなくて……似合ってる」
りんの言葉にわかばは一瞬きょとんとした表情を浮かべて、やがてゆっくりと相好を崩した。
「ありがとうございます。そう言われると嬉しいですね」
「二人ともーそこでずっとそうしてるのー?」
りつの声にわかばはそうでしたと頭を掻いて
「それじゃあ、順調にいけば夕方にはお送りする事出来ると思いますので」
「よろしくお願いね、わかば君。まあ、あんまり急ぐ事も無いから楽しんできてニャー」
姉に見送られて、りんはわかばが乗ってきた車に乗り込んだ。
「この車は?」
運転席に乗ったわかばは、
「自分の、といえれば良いのですが。教授の物です。殆ど僕と先輩が運転してるんですけどね。今日はちょっとお借りしました」
あとで労働奉仕しろって言われてるんですよねと、さして困ったような風で無く言いながらわかばは車を動かした。
わかばは屋敷を出て躑躅の植え込みの橫を走らせながら
「それにしても、懐かしいな。数年前日本に帰ってきてから一度この近辺に来た事があるんですよ」
「そうなのか」
「はい、先輩と一緒にあっちの方にある山の調査で」
わかばの運転はりょうのそれとは違ってかなり慎重で、時折舗装の怪しい道でもそこまで身の危険を感じる事が無かった。性格の差なのだろうか。
「随分……運転上手いんだな」
りんは思わず褒めると、わかばは
「いやー……何しろ気難しい人を乗せますからねぇ。かくしゃくとしてますが、やっぱり年齢に伴ってあちこち痛いらしくて……。ちょっとでも揺れると尻が痛いとか膝が痛いとか……」
「そう、か」
「りんさんは運転とかは?」
「姉に勧められてはいるが……。姉が何しろ荒っぽい運転だから教えると言われても……」
「ああ、りょうさんは……中々……」
わかばは何かを察したのか思わず頷いて
「冬までは僕も結構暇なんで、僕で良ければ付き合いますよ」
「それは……良いのか。というか、りょうの事、知っているのか」
「え! あ、ああえっとっその……」
わかばは一瞬困ったような表情を浮かべてから、諦めたように
「いえ、すみません。実は少し前にばったりお会いしまして……その、その時にですね」
ちょっと送って貰ったんですよ、とわかばは小さな声で言った。思わず、りんはすまないと顔を手で覆った。
「い、生きてて良かった」
「いえ、あの……ちゃんと迷惑にならないよう普通は走っている感じでしたし……。ただあの……人が居ないというかそういう所だとちょっと運転が野性的というか、中々攻めますね」
かなり軟らかい表現を探しながら話すわかばは、しかし思わず顎の辺りの冷や汗を拭った。
「ああ、そろっと着きますよ。良かった、結構すんなりいけましたね」
わかばは学生達が行き交う道路を進ませながら、大学の構内に入る場所を探した。ようやっと見つけた車が通る事が出来る門に来ると、中に入って他にも数台止まっている駐車スペースとおぼしき場所に止めた。
「話には聞いていましたが、結構人が居ますね」
りんの乗っている席のドアを開けて手を差し出しながらわかばは言った。あちこちうろついている学生達はどうやらこの学校の学生以外にも居るようで、そぞろ歩いていた。
「早めについて良かった。下手したらこれ立ち見ですね」
わかばばは近くにあった案内板を見つめて場所を確認して頷いた。
「行きましょう。ここ、結構構内が広いので少し歩く必要があるんです」
「来た事あるのか」
「ええ、まあ。学会とかで」
わかばはあちこちきょろきょうろと見渡して
「ああ、あっちですね」
歩き出したわかばの後を追ってりんも石畳の道を歩き出した。

「はあ」
りんは頭が痛くなるのでは無いかと思いながら、目の前の珈琲をぐるぐるとかき回し続けた。
全編英語というのは分かっていた。言っては何だが女学校時代に英語の成績はかなり良かったので、喋っている言葉自体はある程度把握できた。ただ、話している内容はまるで分からなかったが。
「あんなに何も分からないのは初めてだ……」
「いやー僕も全然でした」
本当に嬉々とした表情で、わかばはタバコに火をつけた。
講演の会場からほど近い、大学の側の喫茶店で二人は座っていた。講演が終わって、車で帰るには人でごった返していた道を見てわかばは少し休憩しないかと、喫茶店で時間を潰す事を提案してきた。
疲れていたりんはありがたく了承して、珈琲の香りを嗅ぎながら座る事にした。似たような事を考えている人間は多いようで、あちこちで学生やその道の研究者と思われる人間達がぼそぼそと興奮した様子で喋る声が聞こえてきている。
「特殊相対性理論ならまあ何とかと言う所ですが、その先になると僕のような者にはさっぱりですねえ。博物学とはそもそも系統が違う。面白いなあ」
「……わかば、タバコの灰、落ちるぞ」
「っと、危ない危ない……」
火をつけたものの放置していた指先のタバコから灰が零れそうになり、わかばは慌てて灰皿を引き寄せた。灰を落として、ようやっと一服してふうっと息を吐いた。
「ありがとうございます。危うく袴に穴開ける所でした」
「はあ……分からないのにそんなに面白いのか」
よく分からないと首をかしげるりんに、わかばはそうですねえと、つられたように首をかしげて
「分からないと何でかなあとか、考える過程が楽しいというか……どうしてでしょうね。……あ、りんさん、ひょっとしてつまらなかった……でしょうか……?」
はたと気付いて、わかばは恐る恐るというような面持ちでりんを見つめた。
「いや、なんと言えば良いか……詰まらないという事無いんだけど……考えた事が無かった物を聞いて何だか不思議な気分というか」
わかばは、なるほどと頷いて
「なんだかいつもと同じ景色なのに居心地が悪いような……変な風に見えると言う事でしょうか」
りんは少し考えてから
「多分。あえて口に出そうとするならそんな風だろうか」
「そういうのは子どもの頃僕もありましたよ。父が最初に僕に買ってくれた本を読んだときとか。確かニュートン力学について纏められたものだったと思います。アレを読んだときはもう訳が分からなくて……でも、どうしようもなく惹かれてずっとそれを読んで考えていました。そのうち、どうして家の庭木は水だけで育つんだろうとか……朝顔がいろんな色になる理由とか……そっちの方に興味が行ってしまったんですけどねぇ」
わかばは頬を掻きながら、物理学は縁が無かったですと笑った。
「なるほど……、お前が……わかばもそういう事があったなら……私もいずれはそれを楽しいと言えるのだろうか」
「ええもちろん。というか、本当につまらなければ、そこで説明されたとしても何も感じないのでは無いでしょうか。それこそ詰まらん、と一言で切って捨てる人も居ますよ」
「そういう、ものか」
「えーっと、多分……」
りんはわかばを見やってから少し考え込んだ。角砂糖が溶けた珈琲を少し飲んで、ふと思った事を口にした。
「今のところよく分からないが……なんと言えば良いか……わかばが楽しいというのを見るのは、少し面白いな」
がちゃ、とわかばが手に取ろうとしたカップがソーサーに派手にぶつかって音を立て、わかばは慌てて持ち直した。
「あ、はは。そ、そうですか? それならそれはそれで……よ、良かったです」

店を出て車を走らせ始めた時点ではかなり日も高く見えたが、落ちる影は長く夕方のそれだった。
屋敷の門を通る頃には辺りは暗くなり始めており、まだ街灯も少ない屋敷近辺の暗がりでは、お互いの顔はほんのりと残る夕陽が輪郭を浮かび上がらせる程度だった。
玄関の戸を開けようとしたりんは、躊躇うように手を掛けたまま振り返って前庭の車を止めた場所に立つわかばを見やった。
「いいのか、これ。結構値の張る本のようだけど」
「ええ、僕は読みましたから。それに僕は学校の方でも読む事は一応出来ますから。もし興味があるならりんさんが持っていた方が良いと思います」
りんは少し迷ったような表情を浮かべて
「ありがとう。その……大体私は屋敷に居るから……」
「ええ、運転覚えたくなったら言ってください。電報とかでも平気ですから」
「そう……」
りんは他に言う事が無いか考えあぐね、やがてため息をついて、玄関の扉を開けた。
「それじゃ。……今日は、楽しかった……」
りんの言葉にわかばは明るい声で
「それなら、良かったです。楽しそうなりんさんを見るのは僕も好きなんで」
手延べガラスがはめ込まれた屋敷の玄関扉の歪んだ景色の向こうに写る影を、りんは思わず振り返った。
「暗くて、何も見えないじゃ無いか」
手を振り車に乗ったらしい影を見つめ、思わずりんは呟いた。