ケムリクサ小説

ワカバさんは音声コミュニケーションタイプの宇宙人で無かったかもしれないという妄想でりりとワカバさんのコミュニケーションのお話。
本編時空

音の生まれた日