ケムリクサ小説

 りんは手桶の水を墓石にかけて清めた。
新しい線香に火をつけ軽く振って置く。
本当はチューリップを買ってこようとしたが、街のショッピングモールに入っている花屋はあいにく売り切れていた。
姉が育てていた花も季節外 ...